インデックス型全文検索ツール
全文検索くん(Search++)

(最新更新日:2017年9月1日)

【特徴】
インデックス型全文検索ツール

1) 新旧MSOfficeフォーマットはもちろん、幅広い範囲のファイル種類を支持しています。(標準版は解凍だけですが、Pro版は環境設定のため、本体実行前に、同梱のStartup.exeを実行して、インストールしてください。)

*PDF(画像のPDFファイルの場合は、OCRソフトを使っておく必要があります。自炊など、資料をスキャンしてPDFとして保存する場合、検索可能とのオプション、つまりOCR機能、がOnにする必要です。OCR機能がついていないスキャナーもありますので、スキャン前に確認してください)
参考例: 検索できるPDFを作成する方法

*MS PowerPoint(PPT、PPTX)
*MS Word(RTF,DOC,DOCX)
*MS Excel(XLS, XLSX)
*MS Outlook(MSG)
*MS Visio(VSD)
*HTML
*Open Office Format
*一太郎(IFILTER経由)
*Fuji Xerox Docuworks(IFILTER経由)
*XPS(IFILTER経由)
*各種テキストファイル(*.rtf, *.txt,*.log,*.java,*.cpp,*.c,*.bat,*.config)

2) 指定したフォルダーの下にすべてのファイルに対して、インデックスを作成してから検索します。
キーワードと合致する順番でファイル名、ファイル先頭内容及びファイルの作成情報などを表示します。 結果ファイルの説明列をダブルクリックしたら、内容をテキスト化して、一致する行まで二次検索します。

3) 各ファイルに対して、関連プログラムがインストールしてなくても、該当ファイルのアイコン列をダブルクリックしたら、テキスト内容の閲覧ができます。

4) 検索結果ファイルの詳細欄をダブルクリックしたら、関連プログラムで、該当ファイルを開く。右マウスをクリックしたら、ファイル名をClipBoardへのコピーもできます。
【操作説明】
http://www.searchplusplus.jp/manual.pdf
http://www.searchplusplus.jp/manualPro.pdf
【デモ】